赤ちゃん筆・書道筆 文宏堂 伝統的工芸品熊野筆について

胎毛筆 | 胎毛紅筆 | 髪の毛の長さや量について | ご注文の流れ | 赤ちゃん筆制作工程 | お客様の声 | Q&A | 伝統的工芸品熊野筆とは | 会社概要
ご注文ページ | 赤ちゃん筆お仕立て券 | 特定販売法上の表記 | TOP
TOP >> 経済産業大臣指定伝統的工芸品熊野筆

熊野筆熊野筆 熊野筆熊野筆

筆の生産量                熊野町の位置

伝統的工芸品熊野筆は、日本一の筆の産地広島県安芸郡熊野町で生産されております。
熊野町で筆作りが始まったのは江戸時代末期の頃からです。
昭和50年に広島県で初めて通商産業大臣により伝統的工芸品に指定を受けました。
熊野筆は現在では、毛筆、画筆、化粧筆のいずれも全国生産の80%以上を占めるまでに発展しております。
胎毛筆も、熊野の筆職人が赤ちゃんの髪の毛を使って作ったのが始まりだと言われております。

化粧筆

近年では、熊野の化粧筆がなでしこジャパン(女子サッカー日本代表)に国民栄誉賞の副賞として贈られたことなどから、熊野筆の品質の高さが更に評価されております。
なでしこジャパン国民栄誉賞

熊野筆について詳しくは熊野筆事業協同組合のHPをご覧下さい熊野筆事業協同組合

胎毛筆・赤ちゃん筆書道筆会社概要